FC2ブログ
タイトスカートフェチの世界
脅迫、秘書。標的 あゆみ 篠田あゆみ
2021-05-16-Sun  CATEGORY: 未分類
数ヶ月前、私は或る商談を行うため、取引先の大手外資メーカーの本社を伺った。洒落た感じの応接室に通され、しばらくした後に社長が秘書を伴って現れた。-イイ女だ-初めて彼女を見た時、即座にそう思った。着痩せしているが大きいと判る成熟した乳房、ムッチリとしてタイトスカートに張り付いた肉感的な桃尻、そして何よりも、彼女はキャリアウーマンには不似合いな淫蕩なマゾのような顔つきをしていた。そんなコールガール然とした彼女の佇まいは私のサドの血を滾らせ、不覚にも股間を熱くさせられてしまったのだった。後日、彼女にまつわる信じ難いウワサを耳にした私は、真偽のほどを確かめようと都内にある某高級ホテルの一室に秘書を呼び出したのだった…。部屋の呼び鈴が鳴りドアを開けると、紛れもなく彼女が立っていた。果たして彼女が都内屈指の高級デリヘルに在籍しているというのは本当だった。私の見立てもあながち間違ってはいなかったという事だ。呼び出されたことに納得していない様子だったが、「会社にバラそうか?」という私の言葉を耳にすると、女の顔が見る見るうちに凍りついていくのが分かった。口止めの代償として、その官能的な肉体を捧げてもらった私は存分に彼女を堪能し、その一部始終を密かにカメラで記録した。それは私が得た新たなカードとなった。強引に股をこじ開け、濡れる変態マ●コをいたぶり、荒々しく肉茎を打ちつけると体液にまみれながら乱れる美人秘書…。今や彼女は、私のモノである。

スポンサーサイト
[PR]

トラックバック0 コメント0
<< 2021/05 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2021 タイトスカートフェチの世界. all rights reserved.